リネスについて

 

お知らせ一覧
| 2017 | 2016 | 2015 | 2014 | 2013 | 2012 | 2011 | 2010 | 2009 | 2008 |
| パブリシティ |

第14回いたばし産業見本市に出展しました

2010年12月15日発表

株式会社リネスは11月18日〜20日に板橋区立東板橋体育館で開催された「第14回いたばし産業見本市」に出展いたしました。

開催初日には板橋区の坂本区長が弊社ブースを視察され、リネスがビジネスとしている繊維資源リサイクルについてたいへん興味を示されていました。
昨年(第13回)に続く2回目の出展でしたが、今回はリネスが製造した布ウエスを特別販売いたしました。なかでも、1枚包装された清掃用拭布である化学ぞうきん「フキオくん」を特価で販売したところ、多くの皆様にご購入いただき、好評のうちに完売することができました。
弊社ブースへのたくさんのお客様のご来場、誠にありがとうございました。

弊社ブース前にて(左から当社社長、坂本区長、マレーシアからのお客様)

板橋最大の産業展示会 第14回いたばし産業見本市に今年も出展します

2010年9月15日発表

株式会社リネスは東京都板橋区で開かれるなかで最大の産業展示会である「第14回いたばし産業見本市」に出展いたします。
昨年(第13回)に続く出展になります。工場事業者様向けにレンタルウエスのウエス製品展示と、東松山工場の環境負荷低減への取り組みをご紹介いたします。ぜひ弊社ブースにお越しください。

開催日時:平成22年11月18日(木)〜20日(土) 10時〜17時(最終日16時まで)
会 場 :板橋区立東板橋体育館 (東京都板橋区加賀1−10−5)
入場料 :無料

詳しくは、いたばし産業見本市ホームページ
http://www.itabashi-iie.jp/

「環境ビジネス」に当社の環境管理についての取り組みが掲載されました

2010年9月15日発表

株式会社リネスの東松山工場における環境管理の取り組みについて、月刊「環境ビジネス」2010年10月号に記事が掲載されました。
「環境安全管理の実務」という特集のなかで、環境関連法規制対応などについての取り組みが紹介され、洗濯廃水処理施設から排出される廃水に法規制値をはるかに上回る厳しい自主基準を設定して施設の適正維持をすすめる手法や、社内で国家資格者を養成してノウハウの蓄積を図る人材育成の手法などが取り上げられました。

●環境ビジネス ホームページ
http://www.kankyo-business.jp/

環境ビジネス表紙写真および掲載記事写真

当社の洗濯機動画 YouTube再生回数が5,000回を突破

2010年8月1日発表

株式会社リネスの東松山事業部は2008年6月に開業しましたが、そのときに掲載されたビジネスサイト「PRON WEB」の配信記事につけられた洗濯機の動画(You Tube)が2年を経た現在も見られ続け、このたび再生回数が5,000回を突破しました。
東松山事業部に設置した最新の大型全自動洗濯機が、洗濯乾燥完了後に前傾して200kgものレンタルウエスをベルトコンベアに排出するシーン(3分17秒)を撮影したもので、日本最大級の洗濯機が自動で動く様子はさながら洗濯工場を見学しているかのような臨場感があります。
ウエスを再生する最前線の現場を、ぜひご覧ください。

●PRON WEB 掲載記事(2008年6月23日)
http://www.pronweb.tv/modules/newsdigest/index.php?code=30

ミヤコタナゴの保護のために自販機収益金を寄付しました(4回目)

2010年5月15日発表

株式会社リネスでは東松山事業部が所在する比企郡滑川町が行っている国天然記念物「ミヤコタナゴ」の保護活動を支援するため、社員用に設置している飲料水自販機(1台)の収益金の全てを寄付しています。
この支援活動は当社の理念である「水環境の保全」に通じるところがあり、環境教育と地域への恩返しを目的に2008年5月からスタートしました。年2回納付している寄付金は、ミヤコタナゴの人工繁殖やその生態に関する調査研究、野生復帰に向けた取り組みなどを行う「滑川町エコミュージアムセンター」(滑川町教育委員会運営)に生かされています。
5月11日には、2009年度下期分の第4回目の寄付を行い、これまでの寄付総額が6万円を超えました。ミヤコタナゴにかかる年間えさ代の約40%が充てられているとのことです。
今後もミヤコタナゴの保護活動を微力ながら応援してまいりたいと思います。

●滑川町エコミュージアムセンターホームページ
http://www.town.namegawa.lg.jp/kankou/shizen/01/shizen01_03.htm

ビジネスニュースサイト「PRON WEB」に当社の廃棄物処分事業が紹介されました

2010年5月1日発表

株式会社リネスの東松山事業部では、産業廃棄物処分業許可(廃油・廃アルカリの中間処理)を受け、3月26日より本格的な事業を開始しています。
このたび4月27日、ビジネスニュースサイト「PRON WEB」に、この事業の特徴が紹介されました。リネンサプライ業者が産業廃棄物処分業の進出する例はほとんどなく、企業のもつ技術を進化させ新たなビジネスにつなげた好例として取り上げられています。

●PRON WEB 掲載記事(2010年4月27日)
http://www.pronweb.tv/modules/newsdigest/index.php?code=1835

産業廃棄物(廃油・廃アルカリ)処分事業を開始しました

2010年3月26日発表

株式会社リネスは3月2日、東松山事業部(東松山工場)にてリネンサプライ主力業者としては埼玉県内で初となる産業廃棄物処分業許可を受け、3月26日より本格的な事業(受入)を開始しました。
本事業はこれまで当社が培ってきた廃水処理技術と東松山工場の廃水処理設備を有効に活かし、液状の産業廃棄物である廃油(含油廃水)、廃アルカリを高度処理して無害化し、再生重油や洗濯用水としてリサイクルするというものです。
とくに金属加工業より排出される廃切削油や、インク製造業より排出される廃インク、機械製造工程で排出される廃洗浄液などの処分を得意としており、処理後にリネンサプライ事業における洗濯用水として再利用する点に特徴があります。
すでに事業許可されている産業廃棄物収集運搬業をあわせ、ドラム缶1本(0.2トン)からローリー収集運搬車1台(10トン)の規模まで排出事業者様から収集運搬し、自社で最終段階まで処分するトータルサービスをご提案しております※。
株式会社リネスの新しい環境関連事業です。どうぞご用命ください。

※収集運搬エリアは地域による限定があります。また、産業廃棄物の性状等によってはお取扱いできない場合があります。詳しくはお問い合わせください。

株式会社リネスの収集運搬車および、東松山工場の廃液処分施設